サポニンとは?

MENU

スポンサードリンク

サポニンとは?

サポニンと言うのは、植物の葉や根、茎などに含まれており、不快な味である苦味やえぐみ、渋みなどの原因となっている成分です。

 

お茶やコーヒーなどに苦味などを感じると思いますが、これもサポニンがあるからこそと言えます。

 

漢方薬や生薬と言われるものにも、にもサポニンが多く含まれており、様々な健康効果があると言われています。

 

このように、私たちの生活の一部にサポニンは存在しているのです。

 

水と油の両方にサポニンは溶ける性質があります・そのため、コレステロールを除去するなどの効果があるとされています。

 

さらに、血管内でできてしまう「血栓」についても、抑制する働きがあると言われています。

 

これは、血栓の原因となっている動脈効果を進める原因を抑えているからと言われています。

 

サポニンと言うのは、サポニンが含まれている植物によっても働きが違うと言われています。

 

特に多く含む植物と言うのは、大豆と漢方でもお馴染みの薬用人参です。

 

例えば大豆を例にあげてお話をすると、大豆には「大豆サポニン」と言う成分が含まれています。

 

この、大豆サポニンには肝機能障害の改善に有効とされています。さらに、大豆サポニンには抗酸化作用が非常に高く含有しているため、肥満の予防にもつなたっています。

 

大豆サポニンなどサポニンの摂取する上での1日の摂取量と言うのは定めれれていません。

 

ですが、1日の目安を申し上げるとするなら、成人されて方で体重が60キロ程度の方であれば、1日に60〜70gを摂取されると良いのではないでしょうか。

 

また、サポニンというものは、水に溶かすと泡立つと言う性質があります。これはサポニンの最大の特徴であると言えます。その泡立ちから、「天然の界面活性剤」と言われているほどなのです。
この、天然の界面活性剤と言う利点を生かし、洗剤としても利用されています。

 

サポニンと言うのは、サポニンを含む植物によって働きが様々あります。種類によっては、石鹸に利用されたり、健康食品として、薬として用いられてきています。
⇒サポニンを手軽に摂取する方法

スポンサードリンク